• Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

精華町を、

もっとわくわくする町に

京都・大阪・奈良にまたがる「けいはんな学研都市」

その真ん中にある精華町は、最先端の研究と、豊かな自然や文化施設が共存する【新しい町】です。

このサイトでは、精華町での暮らしを題材としたちょっとふしぎなショートショートや、けいはんな学研都市がもっとわくわくする地域になるためにしているさまざまな取り組みを紹介しています。

​精華町で暮らす家族たち

 

父:京都生まれ。けいはんなプラザのラボでAI系の仕事に就いている。

母:名古屋生まれ。京都の大学で知り合う。専業主婦。

けいちゃん:女の子。けいはんな記念公園が大好き。ショートカット。

けいちゃんの弟:2歳位。

ミックス犬を飼っている。

はんちゃん

父:大阪生まれ。精華町のバイオ系の研究職に就いている。大阪っぽくない。

母:福岡生まれ。大阪の大学で知り合う。父と同じ研究職。

はんちゃん:男の子。関西弁。阪神が大好き。

メス猫:はんちゃんはトラだと思ってる

父:奈良生まれ。国会図書館の司書。

母:京都(宇治)生まれ。お茶農家の一人娘。図書館で知り合う。スイーツ屋で働いてる。

なぁちゃん:本が大好き。おとなしい女の子

なおちゃんのお姉ちゃん:中1くらい。

奈良から引っ越してきた家族。

原作

田丸雅智 Twitter
ショートショート作家。2011年12月、光文社文庫「物語のルミナリエ」に「桜」が掲載されデビュー。

 

イラスト

おおえさき Twitter
京都在住のイラストレーター。2018年1月に初めての個展「クマのしっぽとキミのほっぺた」開催。

かぞくの日記

京都と、大阪と、奈良の真ん中に、せいか町という街があります。

せいか町では、新しい技術の研究や、新しいみどりと生活と文化を作るため、日々、沢山の人が働いて、暮らしています。

そして、この一帯はそれぞれの地域の頭文字をとって、「けいはんな学術研究都市」と言われています。

多くの研究施設と、研究所や会社があって、大きな図書館があって、素敵な公園があって、あと、スイーツのお店が沢山あります。

この街に住んで、働いている、ごく普通の3家族に、それぞれ3人の子どもがいます。

 

いつも元気な女の子、けいちゃん。

 

大阪から転勤してきた男の子、はんちゃん。

 

本が大好きな女の子、なぁちゃん。

 

この3人とその家族は、チョットだけ不思議な毎日を送っています。

例えば、こんな感じに。

 

​雲菓子

「あれ、はんちゃん、どこ行くん?」

けいちゃんとなぁちゃんが家の近くでバッタリ会っておしゃべりをしていると、はんちゃんが通りかかりました。

「お使いでケーキ買いに行くとこやけど……あっ、けいちゃんとなぁちゃんも一緒に来ぉへん? 二人のセンスでええやつ選んでぇや」
「ええよ」「ちょうどヒマやったしねぇ」

二人は言って、はんちゃんと一緒に近所のスイーツ屋さんへと出かけました。
 

1/5

画像をクリック、左スワイプで続きが読めます

 

1/5

画像をクリック、左スワイプで続きが読めます

 

ココロモニター

「けいちゃん! またこんなに服汚して! 何やったらこうなるん?」

お母さんのその言葉に、けいちゃんはムッとした表情を浮かべます。

「ええやん、別に。洗濯したら落ちるやろっ」
「もう! そういう問題やないのっ!」

そこに帰ってきたお父さんが、微妙な空気を感じ取って言いました。

「どしたん?」
「別に。ほっといてや」

ツンとしているけいちゃんに、とまどい顔になりながらも、お父さんはカバンから何かを取り出しました。それを見て、けいちゃんはお父さんに聞きました。
 

蚊のドローン

「はんちゃん、ええもん見せたろか?」

ある休みの日、お父さんが言いました。

「ええもん? なに?」
「これや」

そう言って、お父さんは開いた手を差しだしました。そこには何もないように思えましたが、よく見ると、黒いツブがのっているのが分かりました。

「これ、蚊? おとん、なんで蚊なんか持っとん?」

はんちゃんの言う通り、お父さんが手にしていたのは蚊だったのです。お父さんは話します。

「これはな、ただの蚊やないで。超小型のドローンなんや」
「ドローンて、あの空を飛ぶやつ?」
「そや。蚊を参考にして、おとんの友達がつくったもんやで」

 

1/5

画像をクリック、左スワイプで続きが読めます

1/5

画像をクリック、左スワイプで続きが読めます

 

お母さんのプチ農業

「お母さん、それ、なにしとん? なんか植えるん?」

なぁちゃんは、家のベランダでプランターをいじっているお母さんに聞きました。お母さんは答えます。

「そうや。いま流行ってる”プチ農業”っていうやつをやろ思て」
「プチ農業?」
「小さい小さいチビサイズの野菜をプランターで育てるねん。家で農業体験ができるっていうて人気が出とって。種類もな、チビピーマンに、チビキュウリ、チビニンジンとか、いろいろあるねん。お母さんが買ってきたんは、チビトマト。その種を、いままいたとこや」

なぁちゃんは、おどろきながら聞きました。

「それって、どれくらい小さいん?」
 

ゲンキ分配器

「なぁ、ほんで、これ何なん? そろそろ教えてぇや」

すると、はんちゃんのお母さんが答えました。

「ほら、血をあげる献血ってあるやろ? これは、ゲンキ分配器という装置を使う、献血ならぬ献気(けんき)っていうて。ありあまる子供たちの元気、つまりは“気”を吸い取って、大人たちが分けてもらうための新しい技術やねん。お母さんらは、たくわえられたみんなの気をもろて、元気いっぱいになってまたがんばるわけやね」
「ふぅん……」

 

1/5

画像をクリック、左スワイプで続きが読めます

 

​未来学研都市

2018年10月に開催した、親子によるワークショップで発想されたストーリー。

​画像をクリックでお話を読むことができます。

 
 

イベント

精華町では、たくさんの方がもっとお出かけしたくなるような、わくわくするイベントを用意しています。

Tシャツお絵かきワークショップ

2019/12/8(日)【本イベントは終了しました】

けいはんなエリア周辺に居住する親子と有志メンバーで、運営側から用意された画材を使ってTシャツに絵を描いてもらい、 「みんなで絵を描いたTシャツを並べて1枚の大きな絵にする」ワークショップを行いました。

みんなで一緒に絵を描くことで、自分では思いつかなかった描き方・線の使い方・色の選び方などを通し、他の人のアイデアを尊重すること、他の人の話を聞くこと、そして自分自身のアイデアをカタチにすることを学びました。当日の写真はこちら

SEIKAサブカルフェスタ2019にて、 おおえさき似顔絵コーナー開催!

​2019/11/17(日)【本イベントは終了しました】
精華町学研都市のキャラクター「けい・はん・なぁちゃん」のイラスト作家。大江咲さんが来場して「似顔絵やさん」を開催しました。当日の写真はこちら

けいはんなサンドイッチワークショップ

2019/11/3(日)【本イベントは終了しました】

このワークショップでは、 運営側から用意された食材から好きな具材を挟んで、オリジナルサンドイッチをみんなで作りました。
どんなサンドイッチにするか、完成や味をイメージしてポスターを書いたり、食材を選び、作り・売るまでのイメージと、買って・食べる側の答え合わせをし、 けいはんなで働く人と居住する親子が、学校では体験できない「他の子ども達と一緒にモノを作ってみること」の大切さを学びました。当日の写真はこちら

VIVITAロボット製作教室

2019/1/26(土)【本イベントは終了しました】

子ども達が主体的に活動し、競い合う「VIVITA ROBOCON」。けいはんな科学体験フェスティバルにて、株式会社VIVITAと協力して体験会を実施しました。当日の写真はこちら

学研都市で住み、働く親子で考える 未来ワークショップ

2018/10/28(日)【本イベントは終了しました】

精華町オリジナルキャラクター「けいちゃん、はんちゃん、なぁちゃん」を題材とした、未来の学研都市の物語を親子で共創するワークショップを開催しました。
子どもの自由な発想と学研都市で働く研究者・親子が協力して学研都市のユニークな未来を組み立ててもらい、未来学研都市のショートストーリーを発想しました。詳細はこちら

micro: bitで学ぶ 子供プログラミング体験教室

2018/8/25(土)【本イベントは終了しました】

精華町が株式会社スイッチエデュケーションと協力して、小学5,6年生に向けたプログラミング教室を開催しました。当日の開催概要はこちら

精華町の危機を救え!謎解きイベント

2018/4/14(土)【本イベントは終了しました】

謎解きイベント『精華町の危機を救え!』を開催します!

親子で力を合わせて、謎解きに挑戦しよう!!京都大学謎解きサークルENIG-ROID(エニグロイド)による謎解きイベントの公演が精華町で!!この企画は、未来を担う子どもたちに、世界最先端の科学と文化が集積する学研都市にふさわしい学びの機会を提供する取り組み「科学のまちの子どもたちプロジェクト」の一環として行うものです。

詳細はこちら

チームラボ主催「けいはんな親子お絵かきワークショップ」

2018/4/14(土)【本イベントは終了しました】

京都府精華町 けいはんなオープンイノベーションセンター(KICK)にて、チームラボによる、親子でけいはんな学研都市の未来をお絵かきするワークショップが開催されました。当日の開催概要はこちら

精華町バレンタインスイーツラリー

2018/1/22 ~ 2018/2/14【本イベントは終了しました】

【スイーツの町】精華町にて、スイーツ店・いちご農園などをめぐるデジタルスタンプラリーを開催しました。

イベント期間中は、多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。

特典のショートショート小冊子は2/21(水)まで精華町立図書館で交換可能ですので、スタンプを5個ゲットしたけれど特典を未交換の方は、お早めにどうぞ!

 

※図書館交換時間10:00-18:00(土・日9:00-17:00)

※2/19(月)は図書館が休館日となりますので、代わりに精華町役場3階の産業振興課でも交換可能です(8:30-17:15)

柳田理科雄先生の「空想科学実験教室」

2018/2/3【満員御礼!本イベントは終了しました】

京都精華町にて、空想科学研究所の柳田理科雄先生による子ども向けのイベントが開催されました。マンガやアニメを科学的に楽しくお話しました! 当日のイベント写真はこちら

チームラボ主催「親子お絵かきワークショップ」

2018/2/3【満員御礼!本イベントは終了しました】

京都精華町にて、チームラボによる、親子でけいはんな学研都市の未来をお絵かきするワークショップが開催されました。当日のイベント写真はこちら

Please reload

 

未来の​まちづくり

新しいまちづくりを推進するにあたって、精華町では未来の生活を考えるワークショップなど、

先進的なアイデアを取り入れるための活動に取り組んでいます。

未来のまちづくり活動

精華町「いちごのまち」について語ろう!

2019/12/1(日)【本イベントは終了しました】

「イチゴのまち精華町」パネルディスカッションを行いました。
参加者のみなさんで「採れたてのイチゴ」を食べながら、精華町を「いちごタウン」としてアピールするためにどうするべきか「ブランドづくりワークショップ」農園・スイーツ店・研究者・ソムリエ・学生の方々が集まり、自由な発想で議論を行い、具体的なプランを発表してもらいました。当日の写真はこちら

SEIKAサブカルフェスタ2019にて、 けい・はん・なぁちゃんグッズ見本市開催!

2019/11/17(日)【本イベントは終了しました】
SEIKAサブカルフェスタのブースにてキャラクターのサンプルグッズを展示を行いました。 人気投票を実施し、 好きなグッズに投票してもらった方に「けい・はん・なぁちゃん」のシールをプレゼントしました。当日の写真はこちら

チームラボと考える 精華町いちごタウン構想未来会議

2019/02/22(金)

スイーツ店が多く集まり、年間約3万人もの観光客が来訪する「いちご農園」がある精華町。
その「いちご産業」をより活性化させる会議を行いました。

精華町を「いちごタウン」としてアピールするためにどうするべきか。農園・スイーツ店・研究機関・学生の方々が集まり、自由な発想で議論を行いました。 当日の写真はこちら

プログラミング体験ワークショップ

2019/01/16(水)

精華町の小学校教職員向けに、2020年小学校からのプログラミング教育必修化に向けた、プログラミング教育ツール「VIVIWARE」の体験会を実施しました。当日は株式会社VIVITAのエンジニア複数名によるハンズオンでの講習を行い、実際に教職員の方々にロボットづくりを体験していただきました。

プログラミング教育セミナー

2018/08/24(金)

精華町の小学校教職員向けに、2020年小学校からのプログラミング教育必修化に向けた「プログラミング教育セミナー」を開催しました。当日は東京大学大学院 情報学環・学際情報学府 越塚登教授とVIVITA株式会社のVIVISTOPサービスプランナー穴山信一氏をお招きし、両名に講義を行っていただきました。

精華町で働くひとアンケートの結果

けいはんな学研都市に暮らすみんなの声を聞いて、より住みやすい未来の町を作りたい!2018年3月〜4月にかけて、精華町で働くひとにアンケートを実施いたしました

​アンケートの集計結果はこちら

精華町住民アンケートの結果

けいはんな学研都市に暮らすみんなの声を聞いて、より住みやすい未来の町を作りたい!世界の知と産業を牽引する学研都市を目指し、科学・生活・文化・自然環境が融合し、継続的にイノベーションを生み出すことが可能な都市の未来を皆さんと一緒に描いていきたいと思っています。

​アンケートの集計結果はこちら

チームラボと考える学研都市未来セミナー

2017/11/25【満員御礼!本イベントは終了しました】

京都コワーキングスペース スペースカンテにて、未来の生活や仕事のスタイルを考える​ためのワークショップが行われました。当Webページに掲載されているショートショート5話は、この日に出されたアイデアを元にして作られています。

当日の実施レポートの詳細はこちら

Please reload

精華町ってどんなまち?

精華町は、京都・大阪・奈良の都市圏へのアクセスがよく、日中は町外で勤務などを行っている方が多い町です。

​ベッドタウンとしての役割も持つ比較的新しい町なので、他の地域と比較して少子高齢化の流れや人口の減少の影響をあまり受けないと予測されています。

精華町公式Webサイト

精華町公式Webサイト